メインイメージ

ワードプレスの利便性

ードプレスについて

ホームページ制作はHTMLで一文字ずつ書き込んでいく所謂「手打ち」で行うやり方から、ホームページビルダーを始め様々な作成ツールが存在します。作成ツールは直感的な操作でページが作成出来るのに対し、手打ちで作成する場合は細かいデザインやカスタマイズが可能ですが本格的なホームページを作り上げるには当然HTMLやCSSの知識が必要なため上級、プロの技術と言えます。
素人でも自力でブログやホームページを作成したい場合、ツールを利用することによって比較的簡単に作成することができます。それでも細かいデザインやカスタマイズを行って、自分の思い描く理想のページを作成するにはHTMLの知識が必要です。「簡単に作成できる」「直感的な操作で出来る」という謳い文句で販売されているツールが得てして多く見かけられますが、過信しすぎてはいけません。最低限の知識と技術は必要なのです。簡単に操作、作成できるのは今までホームページ制作に取り組んだことのある人を前提に言っているのだということを認識するべきでしょう。
こうして見るとホームページ制作は素人には厳しく、敷居の高い作業のように思われますが、「ワードプレス」というプログラムソフトウェアを使用することによって簡単にホームページを作成することができます。プログラムと言うと難しいと思うかもしれませんが、自分でプログラムするわけではありませんので安心してください。
ワードプレスは、サーバー上で動作するPHPというプログラム言語で開発されたオープンソースのプログラムソフトウェアです。データベースとしてMySQLが使用されています。ブログやホームページの運営だけでなくCMS(Content Management System)と呼ばれるコンテンツ管理としても利用される、世界的に有名で人気の高いソフトウェアです。
テンプレートがデフォルトで多数用意され、自分の好みのデザインを選ぶことが可能で、サーバー上で動作するプログラムですからプラグインによって様々なシステムを導入することができます。項目に従って操作、文章の作成をするだけでHTMLやページの構造を意識する必要はなく、設定するだけで自動的にページを構成してくれますから、ホームページ制作に不慣れな方でもスムーズに行えます。また、検索エンジン対策にも強いとされ、ホームページ制作上級者にも愛好されています。
ワードプレスは一定の動作環境を満たしたサーバーでなければならないため、レンタルサーバーを選ぶ際はこの点をしっかり把握しておきましょう。

2.HP作成後の円滑な運営のためCMSを使おう
HP作成を行う場合、ホームページをどのように運営するのかということを考えないといけません。たとえば、会社を紹介するためのホームページのように、一度情報を掲載したら、その情報を短期間で更新する必要がないページであれば運営に常時携わる人を設けなくても大丈夫ですが、タレントの紹介をするためのホームページであれば、予定表などを短期間で更新していく必要がありますし、掲示板などがあるコミュニティ系のホームページであれば、HP作成したらそのまま放置というわけにはいかないので、常にメンテナンスが出来るような体制にしておかなければいけません。
後者のような、頻繁なメンテナンスが必要なホームページを作成する場合は、コンテンツマネージメントシステムと呼ばれるプログラムを用いるというのが一般的です。これはCMSとも呼ばれます。どのようなものかというと、ブラウザ上から管理画面にアクセスすることで、簡単にホームページ上の記事を新規に掲載出来たり、あるいはもともと存在していた記事をボタン一つクリックすることで削除出来るといったものです。
コンテンツマネージメントシステムの特徴はメンテナンスが簡単という以外にもあり、それは、ホームページの立ち上げ自体も簡単ということです。昔は、HP作成する場合、パソコンでソースを書いて、それをウェブサーバーにアップロードする必要がありました。これは非常に手間のかかることであり、また専門的な知識も必要だったので、ホームページの運営というのは誰にでも出来るというものではありませんでしたが、コンテンツマネージメントシステムを利用すれば、ブラウザからホームページの名前などを入力するだけで、すぐにホームページを立ち上げることが出来ます。よって、HP作成などやったことがないという人でも、すぐに自分のページを作れるようになってきています。
たとえば、最近はブログを書く人がどんどん増えてきていますが、ブログもコンテンツマネージメントシステムの一つです。

Copyright(c) 2015ホームページ制作のデザインを決めるのって結構たいへん!All Rights Reserved.