ホームページ制作のデザインを決めるのって結構たいへん!

ランディングページとは

ランディングページとは
最近インターネットを使ってサイトを見ている人ならだれでも一度は耳にしたことがあるランディングページ、これは企業が商品の紹介をするために広告を出すときに、それを見てアクセスしようとするお客様がより商品を分かりやすく見てもらうために、最近のホームページ制作のなかで多く取り入れられているものです。
企業が出した広告のページから販売ページにアクセスするまでに、いくつものページをジャンプして購入に辿り着くページ構成がそれまでの商品紹介、広告掲載のホームページではよくとられていた形でした。しかしお客様の立場で言うと商品を購入するにいたるまでに、何度も違うページにジャンプするような見かたでは、次第に購入する意欲も薄れてしまいます。そこで商品の紹介をめいっぱい掲載したランディングページが普及されるようになりました。
いかにして購入ボタンを押してもらうかは、ひとつのページをじっかり読んでもらうことで購入する意欲をさらに高めるような作りにあります。ひとつの商品の紹介をひとつのページで、今までのホームページ制作では商品の詳細について書かれたページはいくつにも分かれ、リンク先も複数あるようなパターンでしたが、ランディングページでは上から下にスクロールしてひとつの商品の紹介がしっかり掲載されている縦長のページであることが特徴です。
このようなホームページ制作には上から下へと読んでいくうちに、商品の詳細や評判やその商品を扱う会社の概要、商品に対するこだわりなどのすべての情報を一挙に読むことが出来ます。画面を一番下までスクロールして読んだ後、購入に関するボタンやカートが見えてきます。たくさんの情報を見せて最後に購入するまで、盛り沢山の情報を見たお客様は次第に商品に対する興味も大きくなります。
ランディングページの中には商品を購入するボタンやカートが随所に盛り込まれているページもあります。読んでいくうちにお客様を購入させるために何度か興味の出る要所から誘導させるつくりになっているのです。ページの内容にはホームページ制作としてはポイントとなっているアクセスアップのためのSEO対策のために、お客様が検索で探しやすいように商品に関する重要なキーワードを使用します。沢山の量になるページ情報の中でも、まずは検索した時にヒットしやすいように必須のキーワードを使うような商品説明を作ります。説明の文章の他にはお客様の興味を引き付ける出来るだけ大きめの画像の使用も多く使うことがポイントとなります。

Copyright(c) 2016 ホームページ制作のデザインを決めるのって結構たいへん!All Rights Reserved.